<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Coffee shop

c0126428_21382865.jpg

c0126428_21383088.jpg


画像をクリックして頂くと大きくなります








■Photography place:
 大阪市淀屋橋にて

■Equipment used:
 105mm f2.5 Nikkor-P·C
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-31 21:40 | 風景・街

Holiday work

c0126428_2257281.jpg

c0126428_2257979.jpg







※Holiday attendance:休日出勤
■Photography place:
 大阪市中之島にて

■Equipment used:
 105mm f2.5 Nikkor-P·C
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-30 23:51 | 風景・街

Never, never, never give up!

c0126428_22581652.jpg

c0126428_22132227.jpg


リズムが狂うと成り立たないパフォーマンス。

諦めずに夢中でトライし続けた成果は、

























c0126428_22583428.jpg



美しい軌道となって描かれた。




Our greatest weakness lies in giving up.
The most certain way to succeed is always to try just one more time.
T.Edison



我々の最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、常にもう一度だけ試してみることだ。

トーマス・エジソン






■Photography place:
 大阪市中之島にて

■Equipment used:
 105mm f2.5 Nikkor-P·C
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-29 23:00 | 風景・街

Toilet Goddess

c0126428_227323.jpg

c0126428_2273580.gif
























c0126428_2275378.jpg

画像をクリックして頂くと大きくなります









※Toilet Goddess:トイレの神様(撮影時、ボーカルの方が歌われていた曲)
■Photography place:
 大阪市中之島・大阪マルシェにて
 ※マルシェ(全国8都市で展開中)は、都市住民参加型の市場で地元関西の野菜や名産品を
  生産者自ら対面販売で行う。大阪市中之島会場は3月26日で終了。

■Equipment used:
 105mm f2.5 Nikkor-P·C
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-27 22:23 | 風景・街

Ideal day for walk

c0126428_2471273.jpg

c0126428_2472061.gif






「水筒」

 3年前の夏から、出かける時は水筒を持参するようになりました。
撮影地に自販機やコンビニなど、都合良くあるとは限らないからです。
自販機はあるのに、ゴミ箱がないという所もありました。
現在使っているので3つ目ですが、今のは「kleankanteen」社、「ワイドインスレート」の
16オンス(473ml)です。キャップの中とボトル本体がスプーンやボウルと同じ18/8食品規格
ステンレスを使っており匂い移りがなく、オレンジジュースなどの酸性の飲み物も入れることができます。
出先でボトルが空になったら水で軽く濯いで、別の飲み物を入れて使用できます。今までのと比べ、
匂い移りがないので扱いが非常に楽になりました。本体は大きいですが、暖かい飲み物は温かく、
冷たい飲み物は冷たいまま保存する「保温機能」があります。真冬でも5時間以上熱々の珈琲を
味わうことができました。このメーカーの商品の中では「ワイドインスレート」に限ったことだと思うの
ですが、飲み物の温度、気温に関わらず、ボトルの表面に水滴がつきません。つまり、カメラバックに
入れてもレンズやカメラに水が付かずにすみます。オフィスでは、デスクや書類を濡らすことがありません。
何故そうなのかはハッキリ理解できていないのですが(笑)、ボトルの2重構造が関係しているようです。

節電、計画停電などで役立つかどうかはわかりませんが、保温機能、簡単な手入れはいいと思います。
私は休みの日は必ず、昼にホット珈琲を淹れ「ワイドインスレート」に入れゆっくり飲みます。
外はもちろん、家でも楽です。 
コップ付きの水筒でもなく、マグカップぽくもなく・・・ そんな曖昧なデザインが使い勝手を面白くさせる
珍しい製品に私は感じています。

「kleankanteen」社の「ワイドインスレート」は、取り扱い店が限られているようです。
購入の際はお店にあるかどうか確認された方がいいでしょう。
HP紹介「kleankanteen・ワイドインスレート
(注)このHPページ中断に「オンラインストア」へのリンクタブがあります。日本発売の16オンス(473ml)の
商品写真は「A&F社のオンラインストア」のものが正しいです。



(この記事記載の社名・商品名・店舗等の情報は2011年3月時のものです)

■Photography place:
 大阪市中之島にて

■Equipment used:
 105mm f2.5 Nikkor-P·C
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-26 23:58 | 風景・街

Night park

c0126428_4413910.jpg

c0126428_4414460.jpg


画像をクリックして頂くと大きくなります

























c0126428_442111.jpg

画像をクリックして頂くと大きくなります








■Photography place:
 大阪市内にて

■Equipment used:
 SIGMA DP2s
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-25 23:58 | 風景・街

Quiet holiday #3

c0126428_23185328.jpg

c0126428_23185583.jpg







■Photography place:
 大阪市中央区にて

■Equipment used:
 SIGMA DP2s
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-24 23:19 | 植物

Prayer to revival

c0126428_22572269.jpg

c0126428_22572888.gif
























c0126428_22574284.jpg

画像をクリックして頂くと大きくなります

























c0126428_22573633.jpg

画像をクリックして頂くと大きくなります








 東日本大震災では大阪も揺れたが大きな被害にはあわなかった。
しかし、阪神淡路大震災の経験もあって人ごとに感じる人は大阪にもいない。

 12日、枝野官房長官が発電量の総量が落ち込んでいるとして節電を呼び掛けたが、
それには関東地区だけでなく、大阪も反応していた。関西電力は火力発電の出力を上げ、
周波数の違いから送る量に制限がありながらも東京電力へ送電している。
私のまわりでは、12日に新世界の通天閣、道頓堀の「江崎グリコ」が節電のため消灯した。
どちらも、輝くネオンの姿は有名で、それ以来市内でもネオン看板の消灯が徐々に広まっている。
近所のコンビニエンスストアでは店内照明の一部を消灯したまま営業している。
 写真2枚目:12日夜の段階では「江崎グリコ」だけが消灯したはずだったが、
今日、出先で打ち合わせ後、帰社途中に道頓堀に寄るとネオンの消灯範囲が広がっていた。
被災地を応援する気持ちと節電への意識が、灯らないネオンサインとして増え続けている。



Prayer to revival:復興への祈り
■Photography place:
 23日18時半過ぎ 大阪市道頓堀にて

■Equipment used:
 SIGMA DP2s

by Neosilent | 2011-03-23 23:51 | ドキュメント

Quiet holiday #2

c0126428_2222377.jpg

c0126428_22224196.jpg


画像をクリックして頂くと大きくなります








■Photography place:
 大阪市なんばにて

■Equipment used:
 SIGMA DP2s
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-22 23:10 | 風景・街

Quiet holiday #1

c0126428_1950381.jpg

c0126428_21345240.jpg







3月21日 春分の日(自然をたたえ、生物をいつくしむ。国民の祝日)
ちなみに、
9月23日 秋分の日(祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。国民の祝日)

いずれも、内閣府HP「国民の祝日」(2011年版)参照


同じように季語を含んだ祝日でも、それぞれの対象は異なるようです。



※Quiet holiday:静かな祝日
■Photography place:
 大阪市なんばにて

■Equipment used:
 SIGMA DP2s
 (by hand)

by Neosilent | 2011-03-21 21:43 | 風景・街